資産管理システム連携

IT資産管理との連携でエンドポイントセキュリティ対策強化

IT資産管理システムによる管理外の機器や端末の存在があった場合、業務利用を認める端末は速やかに是正し、さらにセキュリティ対策が実施されていない可能性が高いシャドーITや持込み端末などは企業ネットワークへ接続させない運用が実現できます。

連携図

※システム連携は、セキュリティ対策連携・資産管理連携に関わらず1システムまでとなり、複数の連携はできかねます。

  • ■LanScopeCat(エムオーテックス株式会社)
    Catエージェントがインストールされていない機器を見つけ出しネットワークから遮断

  • ■SKY SEA Client View(Sky株式会社)
    SKYSEA管理の登録情報を反映し、SKYSEAの管理画面のみで運用

  • ■AssetView(株式会社ハンモック)
    エージェントがインストールされていない機器を見つけ出しネットワークから遮断

  • ■QND(クオリティソフト株式会社)
    エージェントがインストールされていない機器を見つけ出しネットワークから遮断

  • ■ISM CloudOne(クオリティソフト株式会社)
    エージェントがインストールされていない機器を見つけ出しネットワークから遮断

  • ■System Supportbest1(株式会社ディー・オー・エス)
    SS1で収集したインベントリ情報を配信。L2BlockerのログもSS1管理コンソールで確認

  • ■e-Survey(株式会社ニッポンダイナミックシステムズ)
    e-Surveyでの管理情報を反映し、新規で検出した機器のインベントリ情報も収集